本日(4月14日)の星のまちめぐり JRハイキングは中止です。

本日(4月14日)予定しておりました星のまちめぐり JRハイキングは雨のため中止とさせていただきました。

皆さまとお会いできることを楽しみにしておりましたが、雨で山道が滑りやすくなるため、中止の判断をさせていただきました。

申し訳ありませんが、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

交野・傍示の里で親子里山体験

◆車で約1時間(大阪市内から)交野の”秘境”傍示の里で、親子で”わんぱく体験”をしよう!

観光協会では、いまも、美しい田舎の残る傍示の里で、春・夏・秋・冬と一年を通じて”親子でわんぱく”体験プログラムを実施しています。絶好の子育て環境で、親子そろって里山体験をしてみませんか?

かたのルビー食まつり!

7月7日から8月15日まで、交野市料飲宿組合さん主催の、かたのルビー食まつりが開催されています。
22店のお店が、交野ブランド「カタノのチカラ」認定農産物であるレッドムーン(赤いじゃがいも)を使って、
みなさんに美味しいお料理を提供。
ぜひいろんなかたのルビーを食べてみてくださいね。
当協会のトップページで「#かたのルビー食まつり」のインスタフォトを集めてます!

天の川七夕まつり開催!7月28日土曜 ←順延29日日曜開催

7月28日土曜に天の川七夕まつりを開催予定でしたが、台風の影響が予想されるため、29日日曜に順延となりました。

場所は、京阪電車交野線私市駅前公園、私市水辺プラザ、大阪市立理学部附属植物園、星の里いわふねにて。
15:00ー21:30まで。※雨の場合、29日に順延。

行燈とガラスキャンドルに灯される幻想的な火の灯りに、心とらわれるひと時を楽しみにこられませんか。

交野ツーリズム参加ファミリー募集!(順延となりました)

※こちらの企画は都合により順延となりました。誠に申し訳ございません。

交野ツーリズム参加ファミリー募集!

交野で楽しく学ぶ里山体験ツアーに参加しませんか?

集合時間:2016年11月12日(土)9:00~9:30 JR河内磐船駅、京阪電車交野線河内森駅

(マイクロバスに乗り、くろんど園地に向かいます。)

参加費:おとな1,500円 こども1,000円

定員:10家族(応募多数の場合は抽選)

締切:10月31日(月)

詳しくはチラシをご覧ください!!

%e4%ba%a4%e9%87%8e%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0

チラシ裏

申込書

問い合わせ

交野市星のまち観光協会

メールアドレス hoshi_machi♪katano-kanko.com ※♪を@に変更してください。

TEL 050-3740-7262

FAX 072-893-2636

第一回 交野山ウォーキング(市民対象)

第一回 交野山ウォーキング(市民対象)
○日時集合・場所   平成28年8月4日(木) 
1班 午後3時30分・市役所前集合
2班 午後4時00分・市役所前集合
○募集人員     50名(各25名) 要 予約←若干空いてます!
○費用      大人 300円 子ども 200円
(コース)
交野市役所前集合-バスにて移動→交野市歴史民俗資料展示室(説明有)-バスにて移動→交野ントリークラブ駐車場-歩いて移動→三宝荒神-歩いて移動→交野山頂上-歩いて移動→交野山の歴史を語る岩-歩いて移動→白旗池-歩いて移動→いきものふれあいセンター-バスにて移動→夜泣き石-歩いて移動→源氏の滝-歩いて移動→機物神社-歩いて移動→倉治老人センターいこいの郷(そうめん接待・交野中央商店会の夏祭りの盆踊り大会参加「ハッピお貸しいたします」)-バスにて移動→市役所前解散
※途中観光協会ボランティアガイドが案内、説明いたします。 

○申込み方法 ①参加者名②年齢③住所④日中に連絡がとれる電話番号を記入の上、ファックス(893-2636)かeメール(hoshi-machi@katano-kanko.com)

主催  交野市星のまち観光協会 問合せ050-3740-7262
共催  倉治老人クラブさんゆう会

天の川七夕まつり、近づいて参りました!

7月30日土曜、15:00-21:30、京阪電車交野線私市駅〜星の里いわふねが熱い!!

水辺プラザでは、ガラスキャンドルと行灯と笹飾りが、皆さんの心を癒します。

七夕のまちならではの、笹飾りと竹細工をご堪能あれ!!

交野で夏の思い出を作れてよかったの。

皆さんのお越しをお待ちしております。

※雨天時31日の日曜に順延です。
※内容は都合により変更となる場合があります。

予めご了承ください。

image

Our Director Interviewed by NHK

This photo was retrieved from Mr. Sato's personal blog.

This photo was retrieved from Mr. Sato’s personal blog.

Our association director, Mr. Yoshiya Sato, was interviewed by NHK yesterday.

NHK is one of major broadcasting companies in Japan. Sometimes, it’s called “BBC in Japan”.

On July 7th, some shrines in Katano hold Tanabata Festival. Particularly, Hatamono Shrine’s Tanabata Festival is increasing the number of the visitors year by year.  It owes a lot of efforts by local people and a merchant group. Hence, NHK has reported only Hotamono Shrine’s Tanabata Festival, hitherto.

But, this time, NHK offered an interview to Katano Tourist Association and Mr. Sato introduced not only Hatamono Shrine but also other important places deeply relating to the Tale of Tanabata in Katano.

According to his personal blog, he took the TV clue to Hatamono Shrine, Aiaibashi Bridge, and Hoshida Myokengu Shrine. The aim is to tell them that Katano, as a whole, is one of central cities of the tale of Tanabata.

The interview will be televised in this evening in Channel 1.

His original article is http://ameblo.jp/haihsoj4480/entry-12178035407.html  (written only in Japanese).

Our website has been introduced in “Katano Times”

Katano's Major New Site; Katano Times

Katano’s Major Local News Site; Katano Times

Katano’s major local news site, Katano Times (http://www.katano-times.com) has introduced our website (http://www.katano-times.com/archives/47909215.html). It is a very humorous article including some jokes.

There are two major news sites in Katano; “Hoshi no Machi Katano (http://murata35.chicappa.jp)” and “Katano Times”. Katano Times always provides us with funny news relating to Katano. It is said that almost all Katanonians are checking Katano Times unlike our English website and “I Love Katano (http://www.lovekatano.com)” (T_T). 

To boost the readers who access to our English website, we started “3 Things to Do in Katano (http://katano-kanko.com/foreign-languages/wonderful-katano-english/3-things-to-do-in-katano-katanonians-recommendations/)”. In this page, Katanonians who love Katano introduce their favourite shops and travel spots. Mr. Kazuhiko Harada who is the director of Katano Times also writes his favourite three things for our website (http://katano-kanko.com/foreign-languages/wonderful-katano-english/3-things-to-do-in-katano-katanonians-recommendations/kazuhiko-haradas-3-things-to-do-in-katano/). 

We would like to express our gratitude to Katano Times and Mr. Harada.