このエントリーをはてなブックマークに追加

 5.逢合橋七夕まつり

 ◆創建 2006年開始(12年前)に開始。  

◆由来 

天の川の私部西地区にかかる逢合橋には、いつのころからか、七夕の夜、この橋で、西の中山観音寺跡(枚方市)の牽牛石と、東の機物神社の織姫が逢う瀬を楽しむという話が伝わっています。この話をもっと発信しようと、天の川七夕まつりが、2005年始められたのをきっかけに、その翌年の2006年、この地区の住民によって始められました。

 ◆由来の裏 

しかし、「牽牛石」とは、古代寺 中山観音寺跡(枚方市)にもともとあった『牛石』を昭和34年、ここを発掘調査した片山長三氏が、そう呼んだのが発端で、以来、七夕の夜、牽牛石と機物神社の織姫が逢合橋で会うという「新伝説」が広まったと思われます。 

 ◆「新伝説」の実体化

  片山長三氏の発言を信じる人たちによって、ここに牽牛像が建てられ、「新伝説」は実体化されることになりました。  

註10.交野市史 民俗編 40頁

註11.瀬川芳則 西田敏秀 馬場隆弘 常松隆嗣 東 秀幸「枚方の歴史」 松籟書店 2013年 117頁

◆参加  主として逢合橋近くの町内の人々

◆祭日 7月6日、7日 ※約300人 

 

◆牛石(牽牛石) 

◆「伝承」

◆「新伝説」の実体化

2007年7月7日、第10回全国七夕サミット枚方交野大会を記念して建てられました。

◆牽牛像建立の趣旨

◆ご覧いただきありがとうございました。

 

2017年8月12日