協会方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

協会方針

「観光開発はせず、わがまちの宝を磨いて売りだそう」「理解と納得。市民の知恵と手で育てよう星のまち観光」をモットーに、「古い町並みと旧街道」・「天の川と七夕伝説」・「美しい野山とその自然」など、わがまちの宝を市民の手で磨いて魅力あるものとし、「住んで良し。訪れて良し」のまちづくりと観光の両立を目指しています。


会長メッセージ

CEO  交野市星のまち観光協会 会長 佐藤義也

◆観光協会は、2004年発足のときから「住んでよし、訪れてよし」のまちづくりをめざして活動しています。「交野ってこんなに素晴らしい」と私たち交野市民自身が思う気持ちを、交野を訪れる方々と分ちあってこそ、旅する人々に「交野は素晴らしい」と感動や癒しを味わっていただけるというのが、私たちのモットーです。

◆観光協会では、ほかの商業や農業、文化などの諸団体、交野市や大阪府など行政の協力もえながら、星のまちめぐりウォークや天の川星まつり、星田園地アンテナショップ、おりひめの里いきいきマルシェ、グルメまつり、婚活イベント、七夕挙式、ゆるキャラPRキャラバン隊などの活動を行っています。これらはすべて「住んでよし、訪れてよし」のまちづくりをしようと集まった、交野をこよなく愛する市民の皆さんのボランティア活動によって支えられています。

◆交野は、中心をカワセミの住む天の川が流れ、周囲の山野には、春の桜、新緑、つつじ、夏の深いみどりの木陰、天の川の魚つかみ、秋の鷹の渡り、紅葉、冬のオシドリの飛来など、美しい自然に恵まれ、平安時代から平安貴族のリゾート地として有名で、七夕伝説のほか羽衣伝説、星降り伝説、ニギハヤヒ降臨伝説など古代の歴史の彩りも美しいまちです。

◆自然と文化の輝くこの交野を、私たちは、さらに磨きをかけて子孫に引き継ぐとともに、交野を旅する人々にこの地ならではの感銘と癒しを味わっていただきたいと、いっそう頑張ってまいります。

◆自然と文化に彩られた、おりひめの里 七夕伝説のまち交野へ、どうぞお出でください。


沿革

2004年
商工団体、商工会議所など関連18団体で交野市星のまち観光会議発足
2005年
観光キャラクター「星のあまん」が誕生
2007年
交野市星のまち観光会議から交野市星のまち観光協会へと名称変更
2015年
現在に至る