カタノ ノアソビ大作戦 第2弾 川遊び 行われました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆カタノ ノアソビ大作戦 第2弾 川遊び、行われました。

★これは、交野市星のまち観光協会主催、交野市共催で行われる親子向けのイベントで、都心から30分の交野の豊かな自然を楽しんでもらい、思い出づくり、子どものこころの成長につながればと行っています。

★交野市以外の若い家族に交野の良さを知ってもらい、できれば交野に住んでほしいという市長の方針に基づいています。

◆8月5日(土)、9:30、参加者約70名は、京阪私市駅前のビジネスセンターへ集まりました。
 

◆受付を済ませると、すぐに、ペットボトルのもんどりづくりに、とりかかります。

 

◆みんなが集まり、もんどりができあがると、七夕伝説で有名な天の川の、私市水辺プラザへ移動です。
 

◆川の浅瀬に、みんなで、もんどりをしかけます。
 

◆つぎは、さっそく、SUP(Sutad Up Paddle board), つまり、立ち漕ぎボードの体験です。

まず、インストラクターからのてほどきです。
 

◆お母さんとうまく漕げた!
 

◆SUPを楽しんだあとは、バーベキューの準備ができています。
 

◆食事がすむと、涼しい室内で、ペットボトルロケットと水てっぽうをつくり、できると、もういちど水辺プラザに戻って、遊びます。

 

※水てっぽうは、的あての予定でしたが、ロケット飛ばしが大人気で、時間がとられたうえ、夕立ちが来て「天の川の増水警報」の赤ランプがともったので、スケジュールの、的あて、モンドリあげ、を最後までできませんでしたが、なかには、親子で水てっぽうを楽しむ姿もありました。

 

◆もんどりの引き上げも、夕立ちで、十分にできず、水槽にサカナをいれたのは3人ほどで、川むつ1尾、小さなドンコが7尾、確認できました。

◆会場となった私市水辺プラザには、交野を七夕伝説の里として詠った、在原業平の和歌

狩り暮らし 棚織姫(たなばたつめ)に宿借らむ 天の川原に われはきにけり

の歌碑が建っています。 歌碑のまえで、和歌を味わってください。
 

◆つぎのカタノ フォトロゲ大作戦 です。ご参加をおまちしています。

◆ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

2017年8月6日